【どうぶつ基金・佐上邦久のスラップ訴訟】移送事件控訴棄却で、特別抗告

 どうぶつ基金・佐上邦久が起こした名誉毀損訴訟。
 基本事件に入る前に、裁判所の移送を申し立ててきましたが、控訴審も棄却されました。(≧ヘ≦) !
 特別抗告を認めるという事なので、取敢えず特別抗告の申し立て。

 『民事訴訟法 第4条1 訴えは、被告の普通裁判籍の所在地を管轄する裁判所の管轄に属する。』というのが前提で裁判所の決定が下されると思い込んでいたので、意外です。佐上は個人で提訴しており、第4条4の『法人その他の社団又は財団の普通裁判籍は、その主たる事務所又は営業所により、事務所又は営業所がないときは代表者その他の主たる業務担当者の住所により定まる。』には該当しません。請求額の設定も高額です。

 意外の連続で、理由書を出す前に(事件が鳥取地裁に移送されたらという条件付きで)予約済みの弁護士さんに相談しようとすると、出張中でした。やっと連絡がつき、お話しましたが、移送申立てに関しては、私が少し勘違いしていた部分もあるようでした。
 
 とまれ、特別抗告理由書は自分で作成することに。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR