Aさんの解放と『秘密保護法』の廃止を求める12.26院内集会

 12/6 靴を投げて抗議したA氏の即時釈放と不起訴を求める署名活動 の続報です。

 A氏の勾留が延長されたそうです。勾留延長の満期は12月27日で、それまでに検察の処分決定がなされますが、勾留理由開示公判が、12月19日15時から東京地裁429号法廷(14時半傍聴券配布予定)で開かれます

 勾留延長に伴い、署名の〆切も、12月25日24時までとなりました:署名サイト
 即時釈放と不起訴を求め、支援者達は12月26日に院内集会を開催。終了後、署名を東京地検に提出するそうです。以下、転載します。


★Aさんの解放と『秘密保護法』の廃止を求める12.26院内集会

 12月26日(木)12時〜14時
 参議院議員会館1階講堂


 発言者:海渡雄一(弁護士)、鵜飼哲(一橋大学)、神原元(弁護士)、浅野史生(弁護士)、ほか国会議員・秘密法反対運動・報道関係者から。

 ※終了後、東京地検へ決議文と抗議署名の最終集約文を渡しに行きます。

 呼びかけ:浅野史生(弁護士)、一瀬敬一郎(弁護士)、鵜飼哲(一橋大学教授)、海渡雄一(弁護士)、火炎瓶テツ(レゲエ・ディージェー)、神原元(弁護士)、田島泰彦(上智大学教授)、山本太郎(参議院議員)、吉田哲也(弁護士)、12.6秘密法国会傍聴者弾圧救援会



 猶、16日0時時点で集計した署名(3726名)を、昼間に提出された模様です。:「16日提出行動の報告」。記録動画「12/16秘密法傍聴者弾圧救援会(1)&(2)」(コ、メ、ン、ト:検察はふてぶてしく時間を無駄に消費しています。単に署名受取るという業務でさえ、不誠実にだらだらと時間を延ばして嫌がらせしている。壊れてるんです、日本検察の機能が。身分証の提示を求められれば、さっさと名刺を渡せばいいんだ。頑なに意地になっている検察、これは駄目ですね。)

 ・『【秘密保護法】国会靴投げ事件 不起訴求め検察庁に署名提出』by 田中龍作さん
 
 『6日、Aさんと同じブースで国会を傍聴していて一部始終を目撃していた男性(50代・都内在住)も参加していた。男性に当時のもようを聞いた―

 (日本共産党の仁比聡平議員の質疑が終わった頃)、自民党議員たちが「質疑打ち切りと採決」を求める声を上げていた。

 その時だった。「やめろ。強行採決するな」。最前列で傍聴していたAさんはびっくりするような大きな声をあげると同時に、右足の靴を議場に向かって投げた。

 間髪を入れずに2人の衛視が飛んで来てAさんを捕りおさえた。Aさんは「放せ」と叫んだが、議場から引きずり出された。

 靴が誰にも当たらなかったこともあり、議員たちは無反応だった。』



【追記 2014/1/9】A氏は27日に「威力業務妨害」で起訴され、現在も勾留中です。
 抗議声明:12.6秘密法国会弾圧の起訴を許さない!Aさんの即時解放を!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR