【米オハイオ州】死刑に使う薬物変更の波紋

死刑に使う薬物変更、10分間あえいで死亡 論議も 米オハイオ州
CNN.co.jp 1月17日

 オハイオ州は、デンマークのルンドベック社が製造する麻酔薬のペントバルビタールの過剰投与(安楽死)で死刑執行していたが、欧州の医薬品メーカー各社が自社の製品を米国の死刑に使うことを禁じたため、鎮静剤のミダゾラムと鎮痛剤のヒドロモルフォンを組み合わせて、デニス・マグワイア死刑囚の死刑を執行。
 死刑囚の家族も見守る中、深い眠りに導入され、そのまま致死に至る安楽死とは言えない刑の執行となった。



訂正:米オクラホマ州で薬物注射の死刑失敗、「拷問死」との非難も
2014年 05月 2日 09:01 JST

[オースティン/オクラホマシティー 30日 ロイター] - 米オクラホマ州で29日、死刑囚の男(38)に薬物注射による刑執行を始めたところ、頭を上げて言葉も発したため執行が中断された。男は執行開始から約40分後に心臓発作で死亡したとみられる。州の矯正局が明らかにした。

死亡したのはクレイトン・ロケット死刑囚で、矯正局の報道官は「静脈が破裂し、薬物が適切な効果をみせなかった」と説明。医師が死刑執行の中断を命じたと述べた。執行に立ち会った人物はMSNBCに対し、同死刑囚が苦しんでいるようだったと述べた。

別の死刑囚の弁護人は、使用された薬物の情報公開を同州が拒否したとし、ロケット死刑囚が「拷問死した」と非難した。

死刑情報センターによると、米国では現在、薬物注射が死刑執行の主な方法となり、1976年以来、約1200人(訂正)が薬物注射によって死刑に処された。このほかの執行方法は電気椅子(158人)、ガス室(11人)、絞首(3人)、銃殺(3人)だという。

ただ、注射をめぐっては、薬物が死刑執行に使用されることに反対する製薬会社が販売を禁止。オクラホマ州などは新たに調合された薬物の使用を開始したが、死刑囚の弁護人らは、新たな薬物が過度の苦痛を生じさせる可能性があるなどと指摘していた。

薬物の不足や今回の執行中止などを受け、米国ではこれまで残酷だったり時代遅れとされてきた執行方法が再び注目を集める可能性もある。

テネシー州では今年、薬物が入手できなかった場合、電気椅子による死刑執行を認める法案が可決されたほか、ミズーリ州の議員は、薬物注射に問題が生じた場合、銃殺とガス室による処刑を可能とする法案を提出した。

*4段落目の「約1200万人」を「約1200人」に訂正します。



 安楽死と言えない死刑執行となった背景についてはこちらを参照して下さい。
 ・アメリカで「26分間苦しむ死刑」が行われている理由
  2014年04月10日 JST


 社会と個人、人間社会と動物の関係で起きる問題は、多くの場合重なり、連動します。
 人間の安楽死(死刑執行を含む)、動物の安楽死、同じ薬剤が使用されています。
 社会が人間に死を執行する場合も、ペットの場合も、可能な限り安らかにあの世に送り出さなくてはいけないという、同じ価値観が共有されています。

 ペントバルビタール(pentobarbitone)は静脈内投与,腹腔内投与のいずれも可能で,極小ペットや乳幼児の動物にも適用可能です。麻酔薬としてはペントバルビタールより安全で効果的な薬剤が他にあるそうですが、安楽死目的の薬剤としては最適だそうです。
 そのためか、ペントバルビタールは比較的高価な薬剤です。他の薬剤との競合関係で、治療現場のペントバルビタールの需要が減じれば、生産は縮小されていきます。安楽死目的の需要は、治療目的の需要と比較にならないほど少ないはずです。需要と供給の関係で、価格が高価なまま安定してしまう傾向にあるのかなと思います。

 私の情報は一昔前のもので、最新のものではないので、詳しい方がいれば教えて頂きたいと思いますし、対象が人でもペットでも、安らかな安楽死方法は薬剤の過剰投与以外にも、いろいろ研究開発されているようなので、方法論には、これ以上踏み込みません。

 死刑執行ではなく、自ら選択する安楽死(尊厳死)問題も、法制化の過程で様々な議論が行われています。
 既に法制化している国では、全体として適用範囲の拡大傾向がありますね。

 子どもの安楽死、法案が上院委通過 ベルギー

 ベルギーでは、回復の見込みがない子どもの患者と認知症の患者にも安楽死の権利を認める法案が、上院を通過したそうです。反対も根強くあるし、仮にも法制度が悪用されたり、悪意に乗じられることのないよう、リスクが排除出来るのかという疑問も残ります。しかし、安楽死の選択肢は、頭から否定出来るものではないと、私は思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR