スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【高松市】動物愛護施設の共同設置を県に提案

動物愛護施設の共同設置を提案/高松市が県に
四国新聞 2014/01/25

 全国ワースト上位が続く香川県内の犬猫の殺処分の減少を目指し、香川県と高松市が設置した動物愛護管理行政協議会(会長・大津佳裕県健康福祉部長)の初会合が24日、同市桜町の市保健所であった。市は犬や猫を長期間収容し、譲渡につなげる動物愛護施設について、県と市で設置・運営する案を提案した。今後、同協議会で検討を進める。

 昨年9月施行の改正動物愛護管理法は、自治体に殺処分ゼロを努力義務として課している。同協議会は実践的な対策を立案・実施するのが狙いで、県市の担当者6人が意見交換した。

 ハード面の対策として市は「収容機能に加え、子どもが動物と触れ合える愛護センターを市と県で整備してはどうか」と提案し、県は「収容機能のある現有施設や保健所の機能のあり方などを調整した上で検討する」と述べた。

 また、昨秋、県と市で始めた犬や猫を一時的に預かり、新たな飼い主に譲り渡すボランティア制度の登録が6組にとどまっている点を踏まえ、制度の周知を図ることも申し合わせた。

 県によると、2011年度に県内の保健所などに収容後、殺処分された犬は2591匹で処分率93・0%は全国ワースト1位。猫は2026匹で同97・7%だった。12年度に処分された犬猫は計4057匹で前年度から減ったが、処分率は9割を超えている。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。