飯館村、三年目のペット達

 飯館村は現在、全域が避難指示区域に指定され、放射線量に応じて、帰還困難区域、居住制限区域及び避難指示解除準備区域に区分されています(避難指示区域の立入・通過についてによる)。

 飯館村はペットがそのままになっていて、自宅に繋がれたままの犬がいて、飼主さんが世話に通ったり、犬猫に給餌に通うボランティアグループや個人がいるのですが、震災から3年経った現在、この状況が続いているのは異常です。
 愛誤の連中が、一方的で無秩序なレスキューで飯館村を荒らしたため、住民側の愛護ボランティアに対する不信感と拒絶感は強いものがあるとも聞きますが、信頼できる福島県動物救援本部や緊急災害時動物救援本部に動いて貰いたいところです。
 本部は福島県の要請があれば協力します。収束しない原発事故、避難者の先行きの見通しが未だ不安定である状況を鑑みて、義援金の残高がちゃんとキープされていますから、経済基盤の裏付けもありますね。飯館村の方々は分散して避難してらっしゃるので、実態調査も合意形成も時間がかかると思いますが、福島市に移動した村役場に着手して頂きたい問題ではあります。

f32a49cdee08d71f0455796f2e008106.jpg
画像は「飯館村ー震災以降の飯館村を伝える情報サイトー」から。


 星が「福島原発被害の動物たち」でシェアしている成川恵理砂なる人物の記事は、安倍首相夫人に直訴するという思いつきですが、こんなやり方は役に立ちません。政治的に解決する問題ではなく、住民の合意形成が必要な問題。
 
 成川の記事には「虚偽」があります。
 飯館村の給餌に通うのはガンマン一人ではありません。

 参照:「飯館村ワンニャン給餌ボランティア 福島県飯館村周辺 被災地に残された命をつなぐ」

 しかも、ガンマンはボランティアさん達の間で孤立しているそうです。(追記:シェルターを開設したので、シェルターに人が集まり、孤立状態は解消されたようです。星だって周囲に人はいます。愛護の口上で安易に誰とでもくっくのが、愛護の世界。そういう意味ではね、孤立というなく、また、おかしな手合いを排除するのは不可能です。)
 星が旧警戒区域内に出入りするボランティアの間で、厄介者扱いされ孤立していたように。星とガンマンは似た者同士なんでしょう。ガンマンを告発追及している人達もいますが、現時点では、私はガンマンは取り上げません。話は聞いていますけどね。下らぬ連中ばかり取り上げてるとゲンナリします、自分自身にとって何のメリットもない話です。
 要は係わり合う必要のない連中が存在するという事です。変なのは変なの同士でどうぞ。

 成川というのは、自称放送作家の藤村何とか(藤本だったかな?よく覚えていません)という、動物虐待防止会だか、何かそのような会をやってる人とタグを組んでデマを度々流しているオバカさんでしょう? 
 「鳥取県は仔猫を焼き殺しています」デマも流した事がありました。「鳥取県に焼却施設はありませーん」と私は即座に発信しましたが、ああいう連中は故意犯なのか、頭がひどく悪いのか、たぶん、両方なのでしょう、何も学ばなかったようです。阪神大震災救援本部に関するデマも流してましたね、そう言えば。
 知識も判断力も無い、デマ専科です。だから政治家夫人や政治家、芸能人にすり寄って、利用しようとするのでしょう。安倍夫人もみそざいみたく、軽いですからね、ご主人と同じで神輿に乗せやすい。「神輿は軽くてパーがいい」は日本のお家芸です。
 
 デマ専科の連中がくっつき合って、飯館村ペットを愛護ビジネスの食いものにしようと目論んでいるようですが、あの連中にはまともなレスキュー活動は出来ません。犬猫を持て余せば、アニマルフレンド新潟に送り込んで死ねばよい位の滅茶苦茶をやってきた「実績」がある連中です(笑い)。レスキュー現場で犬猫が不幸になるような事は、あってはならないことです!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR