テツコちゃん、元気です。

0092014.jpg

葉桜の季節になると、つつじの蕾がふくらんできます。

004.jpg
テツコちゃんは元気になりました
慢性化した便秘症状が巨大結腸症を引き起こし、切除手術を受けたテツコちゃん。
先生のご説明では、切除した部分も完全に伸びきって、機能を失っているわけでは無かったそうです。
今までのところ術後は順調で、食欲、排便等に問題は見られません。
口腔内の血色も戻ってきました。
もっとも結腸の一部を切り取ったので、体が適応するまで何ヶ月もかかります。

テツコちゃんはあまり動かない猫でして、福豆さんやチョットちゃんは、私と一緒に動き回ります。
それに比べると、テツコちゃんは動きが少ないかな?
いばりん坊で、福豆さんの頭部に丸いハゲを発見。皮膚にひっかき傷が !
私の留守中、やったらしい。テツコちゃん、あんた性格悪いよ!

チョットちゃんは温和なバランスのとれた性格です。
テツコちゃんの術後、3週間ほど福豆ちゃんの部屋で一つホットカーペットを分け合っていました。
2つコタツをしつらえたので、トラブルは生じなかったようです。
私の後を追いまわす2匹の距離が近寄った時、
チョットちゃんは福豆さんを舐めようとする仕草を見せました
いい奴なんだ! 
かたやテツコちゃんは、執拗にガン付しうなり倒します。
その性格、なんとかならんかね?

今のところ、テツコちゃんの便は柔らかです。
毎日、ビニール袋に拾った便を押さえて確認しています。
便秘を侮るなかれ!出にくい様子を目撃したら、早めに投薬で症状を改善しましょう!

050.jpg

我家では高齢猫用のキャッツフードをお湯でふやかしたものと、乾燥したままのもの2皿を置餌しています。
食べ過ぎる程の量は置きません。
ご馳走(魚の素茹でとか、魚肉の缶詰等)は与えません。
与えると、もろ血液検査の数値に反映します。
稀~にカツオブシ一袋、素茹でのカツオのかけら三口づつを出すことはありますが、
1ヶ月に1,2回あるかないか。
お陰様で、我家の高齢猫は20を超した福豆さんも含め、血液検査は正常範囲内に収まっています。

飼主と飼猫、一緒に年をとっていく毎日です。
自分が年をとると、子猫や若い猫はごめんですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR