殺人犯小泉毅減刑を要望する愛誤達の狂気

 「犬猫救済の輪」や「全国動物ネットワーク」が殺人犯小泉毅の減刑を要望する署名活動を展開している。さすがにネット世論も同調しないで、拡散されている様子はない。

 事件は2008年11月に起きた。大々的に報道されたから詳細は省く。一審、二審と死刑判決が出て、現在上告中。
 減刑嘆願書は「犬猫救済の輪」代表・結昭子、「野良猫基金」代表・杉本等、「全国動物ネットワーク」代表・鶴田真子美の3氏の連名になっている。結氏と杉本氏に関しては昔から良い評判は聞かないから、捨ておこう。鶴田氏は2人に比べると若く、彼女を知る人達は「普通の人」と評しており、鶴田氏の人間を悪くは言わない。ただ、愛護の考えは相当おかしいと一様に言う。

 「全国動物ネットワーク」のHPを、今日たまたま見た。小泉毅の減刑嘆願書に仰天して、捨猫防止会の太田さんに直ぐ電話をした。ネットワーク発足当時、太田さんは頼まれて代表に名義貸ししていた。太田さんは後期高齢者で現場からは引退しているが、未曽有の大災害に何かしたい気持ちがあり引き受けたのである。防止会は現場の活動にまとまった額を寄付している。
 太田さんはネットをやらない、ネットワークのHPでどんな活動報告がなされているかも知らぬ存ぜぬ事である。名義貸しの代表は止めるよう、私は忠告した。太田さんは降り、慰留されて顧問に就任した。そして、今日まで顧問でいる!

 私は太田さんの近況を伺った後、ネットワークの役職に名前が出るような関係は断つよう勧めた。
 ネット上では、太田さんの活動趣旨と大きくかけ離れた部分がクローズアップされている。太田さんは緊急災害時動物救援本部と良好な関係だが、ネットワークが本部に言い掛かりをつけている事など、ご存じない。
 年がお年である、今も猫の飼育相談を受けていらっしゃるそうで、聡明さは往年のままだが、年は年なのだ。

 最近、鶴田氏から嘆願書が送られて来たそうで、太田さんもこれはいけないと鶴田氏に電話をかけたが繋がらなかった。年をとると万端おっくうになるから、数回かけて繋がらないと、それ以上どうにかしようとは思わない。
 
 鶴田氏は速やかに太田さんに確認をとり、ネットワークから太田さんのお名前を外していただきたい。
 太田さんは良識人である。おかしな愛護活動とは無縁の人だ。
 ご本人の知らぬところで、おかしな事に巻き添え食わせないで頂きたい!

 嘆願書については、バカバカしくて何も言う気にならない。おかしな人達はおかしな人達同士でやればよい。
 私は太田さんを知っているから、太田さんの活動趣旨とネットワークの活動趣旨が異なる事が判るが、太田さんを知らない人は誤解するかもしれない。それで私は心配するのである。

 太田さんは「動物との共生を考える連絡会」の顧問でもある。それは彼女の長年の活動の終着点のように、今までの歩みが真っ直ぐ繋がっている”肩書き”なのだ。太田さんにとって名誉な事でもあるし、長年一緒にやってきた方達の暖かなねぎらいの気持ちを感じさせる。
 
 かたや、全国動物ネットワークの顧問はいけませぬ!
 明日、鶴田さんとやらに電話してやろう!

【追記 2014/4/29】鶴田さんにお電話しました。大変、素直に対応して戴きました。
 鶴田さんは太田さんに電話し確認を取った後、太田さんのお名前をネットワークのHPから削除しました。
 その日の夜、太田さんと再度お話した時、「お世話様でした」とお礼を言われましたです。
 これで、ネットワークと太田さんはいかなる意味でも関係はなくなりました。
 一件落着です。

 今、ネットワークのHPをみると、小泉の上告は坂本博之弁護士が代理人を勤めるようです。
 鶴田さんのパートナーですね。上告趣意書が掲載されています。
 同じ土壷にはまっている同士のカップルのようです。こういう場合、元の社会に戻ってくることは難しい。
 係わり合う必要のない人達と思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ご返事ありがとうございます

 鑑定書は私も読んでいませんし、ネット上に掲載される筈もないですよ!
 あなたは随分と社会のことに無知でいらっしゃるようです。

 現行法では復讐殺人は禁じられています。
 復讐殺人が認められるならそこら中で報復殺人の連鎖が起きますよね。

 小泉は2人殺しています。元厚生事務次官だけでなく、その奥様も殺しているのです。
 職務と無関係な奥様もです。

 『私たちは愛犬を失った彼のトラウマを非常に重視するからです。』
 なにも愛犬を殺されたことだけが特別というわけじゃないでしょう?子供を殺された人もいます。
 貴方方のゆがんだ愛護のパフォーマンスが被害者ご遺族を傷つけるとは思わないのですか?、
 殺人事件を愛護のパフォーマンスに利用する事自体に歪んだものを感じざるを得ません。

 ちなみにルーマニアの野犬問題は大変な状況ですよ。
 ルーマニアの人々は自国の野良犬問題をまずは解決して頂きたいものですね。
 

ご返事ありがとうございます

わざわざご返事をいただきありがとうございました。
チッチさんご指摘の鑑定書を読まなければと思いつつ、見つからないため返信が遅れてしまいました。
もしチッチさんがご入手されているのでしたらおいおい掲載していただくと助かります。

チッチさんの表題の意図、趣旨は、私が推測したものとは違いましたね。
動物愛護に基づく復讐殺人ではなく、精神病理学的な分析の対象となるケースとみなされているとしたら、騙された「愛誤達の狂気」ということで表題も納得のいくものですね。

現時点で鑑定書を読んでいないので実際はどうなのかの判断は私にはできませんが、それでもまだ私には小泉氏の事件は復讐殺人であったとの印象が強くあります。
復讐の相手が、第三者を「復讐殺人」と納得させるに適切だったかどうかについては、私は十分納得できるものでした。むしろ何故それが「間違えた」ことになるのか理解できませんでした。マスコミは殺処分された動物に係る復讐殺人があるとはもともと考えないでしょうから適当なことを言うはずですし、行政は殺処分と復讐殺人を結びつけたくないはずですからまた適当なことを言うはずです。ですから彼らの言うことはまったく信用できないですね。
ことの真偽は別にして、私がもし復讐する対象を厚生事務次官と見なして殺人を犯せば、それは復讐殺人になるわけですから、第三者が納得できなくても「復讐殺人ではない」根拠にはならないですね。事実はどうだったかの断言はできませんが、この事件に共感する人もたくさんいるということ自体、私を含め、ある種の人々にとっては納得のいくものだったと言えると思います。(チッチさんはそれが狂気だと言ってる訳ですが)

精神鑑定書については、当時私はまったく重視していませんでした。責任能力の有無についてならともかく、動機についてまで明らかにできる鑑定家は存在しないというのが私の考えです。

クローディアさんが嘆願を行ったと以前書きましたがたぶん私の間違いで、ルーマニアの動物・環境保護連盟ですね。(たぶん)
内容は素直なもので特に不自然なところはない印象を当時持ったと思います。嘆願書とはたぶん別だと思いますが「ルーマニアの動物・環境保護連盟が、わが国の衆参両院議長と環境大臣宛に行政「殺処分」への遺憾の意見書を送付されました。」として鶴田さんが翻訳しているのを参考に一部転載しておきます。

日本国衆議院議長殿
拝啓
 私たちはルーマニア国の動物愛護活動グループです。この手紙を日本の内政に対する外国からの干渉とお考えにならないようにお願いします。ここで私たちが取り上げるのは毎年数十万匹の犬や猫の殺処分を許容する日本の政策のことです。私たちは必ずしもある特定の一国のものではなく、国際的な生き物として動物のことを取り上げます。絶え間のない犬の殺害は世界のほかの国々でも起こっています。しかし私たちは小泉毅の伝記に関してルーマニアで出版されたある本の中に書かれている日本の残酷な状況に特に注意を引かれました。小泉氏の愛犬チロは、小泉氏が子供だった1974年に、犬捕獲人に誘拐され、保健所で殺されました。チロは首輪を付けていました。家族はその日に保健所へ取り返しに行きましたが、そこで、犬は別の市の保健所へ移された、そうしてその日は金曜日でしたが、保健所は土日は閉まっていると言われました。月曜日に小泉氏の父が山口県岩国市の保健所へ行くと、チロはすでに殺処分されたと告げられたのです! 子供の悲しみは莫大で、それ以来、彼は最愛の友達のために仇討ちをすると決心しました。子供は成人し、それにつれて彼の決心はさらに強くなりました。2008年に、彼は厚生労働省の元事務次官の数人を殺そうと意図しましたが、殺せたのはその中の一人山口氏と、その夫人だけでした。小泉氏は現在東京高裁の死刑判決を受けて拘置所にいます。言うまでもありませんが、もし最高裁が同様に死刑の判決を下したら、私たちは恩赦を請求するつもりです。なぜならば、私たちは愛犬を失った彼のトラウマを非常に重視するからです。そのような残酷な行為を可能にさせるシステムに対する彼の怒りを私たちは理解することができます。そのシステムは今日も続き、犬猫に甚大な犠牲を強いているのです。 
 私たちは外国人で日本に関する私たちの知識は完全ではありませんが、あなたのお国にこの問題に関する固有の立法「動物の愛護及び管理に関する法律」があることは承知しています。それは非常に結構な規定が含まれています。そうして第6章第44条には動物を「みだりに」殺すか虐待するものに対する処罰の規定があります。しかし、この「みだりに」について日本の国や自治体は恣意的な解釈を許され、さらにおそらくさまざまな政令により、いわゆる保健所で、無主あるいは迷子の犬や猫を残酷な殺処分にしています。保健センターのポリシーは厚生労働省によって決められており、まさにこれが小泉毅の事務次官殺害を決心した理由です。
以下省略

署名 
Marius Marinescu マリウス・マリネスク 動物・環境保護連盟名誉議長
Paula Iacob     パウラ・ヤコブ 動物・環境保護連盟上級執行副議長
Gheorghe Zamfir  ゲオルゲ・ザンフィル 動物・環境保護連盟執行議長
Mircea Serbanescu ミルチャ・シェルバネスク 動物・環境保護連盟執行副議長
              ブカレスト、2013年2月8日

Re: 「愛誤達の狂気」の表題に疑問あり

 小泉には小泉の「マイストーリー」があるのは当然です。
 小泉が殺人を、殺されたチロの復讐と主張するのは自由です。
 
 第三者がそれを真に受けるかどうかです。
 小泉の主張を文字通りに受け取るかどうかです。
 それを文字通りに受け取った減刑嘆願書ではないですか?

 小泉のマイストーリーに、不自然な点は幾つもあります。
 例えば、復讐の相手を間違えた点。
 小泉の知的水準からすれば、復讐する相手をもっと正確に絞ることは出来たはずです。
 狂犬病予防法に基づく自治体の制度でさえ、ろくに理解していなかった。
 第三者を納得させる「復讐殺人」の体を成していない。
 
 小泉は確か精神鑑定を受けたのでしたね?
 その鑑定書を今井様は見ましたか?入手してます?
 嘆願運動に参加された方達に詳細な資料は提供されていたのでしょうか?
 保健所で処分されたチロ君、それに飛びついただけじゃないですか?
 『もし行政の不当な飼い犬の殺害がなければ、2人の殺害事件もなかったものであり、』とは私は思っていません。
 貴方がそう断定する根拠はどこにあるんです?

 小泉の供述そのものが精神病理学的な分析の対象となるケースと、私は見做したのです。
 動物愛護運動に絡めるような事件ではない。

 ルーマニアのクローディアさんの団体については知りません。
 英語でサイトを運営している方ですか?
 クローディアさんという方は、この事件の詳細や日本の社会制度についてどこまで的確に理解して減刑運動を始めたのでしょう?その点が疑問です。
 杉本については知ってますよ 笑い。
 鶴田さんを杉本達と同じには見ていませんが、まぁ、人間性についてはここでは取り上げません。

 死刑廃止運動については、日弁連として今年、声明を出しましたね。日弁連の統一見解とする事については内部で反対も少なくなく、FBで議論が行われているのを見ました。しかし死刑廃止運動の趣旨を語るのに、小泉の事件はそぐわないでしょう。
 

「愛誤達の狂気」の表題に疑問あり

「殺人犯小泉毅減刑を要望する愛誤達の狂気」という表題ではあるが、なぜ著者がそのような判断を下したかの理由が書かれていないのでこの論説の真意がよくわからなかった。
著者ははじめ「減刑嘆願書」を見て仰天したと記し、次に内容を伝えた太田さんも「これはいけない」と考えたとしている。しかしどこに仰天したり、いけないと感じたかの説明はない。
減刑嘆願書の原型はルーマニアのクローディアさんの団体がはじめた減刑運動にあり、友人の鶴田さんが日本での運動を引き継ぐものだったと思う。しかし杉本さんが加わることで死刑制度廃止運動も加わることになったと鶴田さんから説明を受けた。私は死刑制度廃止運動まで加わることはできなかったので退くことになったが、減刑運動そのものは妥当なものだと思っている。
死刑制度の是非については賛否両論あり、廃止運動も一定の市民権を得ている。だとしたら著者が仰天したのは「飼い犬を殺したことでその復讐のために二人も殺した殺人犯の減刑を要望すること」だと推測する。しかし「生命を大切にする」という一般論から見れば、家族である飼い犬を殺されたのだから復讐にも理があると考えられる。しかも、もし行政の不当な飼い犬の殺害がなければ、2人の殺害事件もなかったものであり、その場合、小泉氏は殺人犯の境遇に陥ることもなかったはずである。そうだとすると小泉氏もまた被害者の一人と認められ減刑は妥当であると思われる。
著者が「愛誤たちの狂気」とすることにどのような正当性があるのか疑問である。

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR