「北田直俊に告ぐ」-コメント返し

 北田のコメントにコメント返しを入れたのでご覧下さい。

 遠隔操作事件の結末と片山被告の記事を今、追っています。
 ”平気で嘘をつく人”は、動物愛護活動にも参入しています。
 北田や星、杉本等の面々。普通ではありません。
 しかし片山被告と比べると、彼等は正体を隠そうとして正体を現している、実名で別の者に成りすまそうとしていて失敗している。そこが違う。佐村河内も新垣氏という他人の協力がなければ、作曲家に成り済ますことは出来なかった。

 片山被告は実生活では普通の平凡な市民でいて、インターネットで自分の悪意を野放しにした。
 単独の悪意です、誰にも依存しない純粋な悪意。
 特定の個人に向けられた悪意ではない。個人的な妬みと悪意も希薄。
 生きた難問ですね。分かった気がしないのです。

 【備忘録として 2014.5.22報道】
 ・「悪魔が仮面を被っていた」「見破れなかった」
 ・①「「顛末」淡々と語る弁護人、キョロキョロと周囲に目をやる片山被告 傍聴券は18倍」
 ・②「死ぬと言い続け」「生きていて安心した」 弁護人の“真相”説明続く
 ・③「精神鑑定は当然、検討していただきたい」と弁護人 片山被告、証言台へ」
 ・④「精神鑑定は当然、検討していただきたい」と弁護人 片山被告、証言台へ
 ・⑤自作自演バレて「シラ切る、認める、死ぬ」の3択に…「1分で死ぬこと考えた」
 ・上 「悪魔が仮面を被っていた」「見破れなかった」
 ・中 「小説『悪の教典』の主人公は自分のよう」弁護士に語った片山被告
 ・下 「嘘をつくつもりもなく嘘をつく天才」の人格

 という訳で、北田関連記事は後回し、今日明日にはアップします。
 取敢えずはコメント返ししていおきました。
 北田の松村さんに対する悪意はありふれた動機です。それもコメント返しに入れておきました。


【追記:5/23 午前1時半過ぎ】

 コメント返しに対する北田君の反応がこちら。

kitada5231.jpg

「時間と労力の無駄」ー今頃わかった?
それでも「動く」と決めたか、よし、法的措置の環境設定は北田の役目だ。
私は北田が準備した法廷に臨むのみ。ボコボコにしてやるゾ。
実際、ネット上でやりあっていても時間の無駄。公判が一番いい。
「殺菌には日の光に当てるのが一番いい」と言うじゃありませんか(笑い)

ところで北田君、私の勧めどおり、兵庫県三田の杉本と提携したようです。
社会の吹き溜まりと言いますが、ネットでも吹き寄せ現象は起こります。
杉本は私にアクセスしてくる前から、星とFBのお友達。似た者同士は引き寄せ合うんだねー。
吹き寄せていくのに、まったく手間暇かかりませんでした(笑い)。

杉本君、久々の更新がこちら。
sagishisugimoto1.pngsagishisugimoto2.png



ところで22日、ホストに「衆議院」が登場。気付いた限りではこれが初めてです。
今まで国会からのアクセスはありませんでした。立法府もネット世論を検索する時代。
いろんな人が見に来るものですね。
host2014522.png
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR