【拡散希望 元有償スタッフの証言】エンジェルズ・林加津子の反応

 林加津子は嘘の上塗りと提訴の恫喝で、批判をかわそうとしています、いつもの事ですね。
 林のおっさんとおばはんは、毎度、同じパターンですから、もうその手は効かない。手口を進化させなされ(笑い)、芸の無い奴ちゃね。誰も迷うことなく、林が嘘をついていると思う。嘘つきの実績だけはありますからね(笑い)。経歴が経歴ですし。

 普通の市民である元スタッフもそのご家族も、林達の本性を知ってびっくりなさったでしょう。
 普段の生活では、林のような人間と接点ないですからね。 



’14/6/27早朝
愛護団体エンジェルズの統括へ。
 貴方は、ボランティアのKさんが言っていた。
 『統括は、平気で嘘をつく人やで』の言葉が本当でしたネ。
 呆れて言葉が出ません。

 貴女は、あたかも自分が滋賀シェルターで作業をしてます。的な文章になっていますが。19日のレスキュー後の次の20日には代表・統括は大阪シェルターに帰って行き滋賀シェルターにはいませんでしたよネ。

 滋賀シェルターの2階、6畳の猫部屋に
 3段ゲージが4個
 2段ゲージが1個
 1匹用のゲージが置いてありましたネ。

 私は、作業するにあたっては必ず貴女に連絡してましたよネ。
 猫達は、A・B・Cとグループ分けをレスキューした日にしましたよネ。
 多頭飼い崩壊の家でAの部屋にいた子をAグループ。
 多頭飼い崩壊の家のBの部屋にいた子をBグループ。
 多頭飼い崩壊の家のCの部屋にいた子をCグループ。

 20日に大阪シェルターから14匹の猫達を私の車に乗せて滋賀シェルターに23時過ぎに到着し、14匹を2階の部屋へ運び終えて、貴女の指示通りグループごとにゲージに入れました。
 貴女に連絡した写真があります。

 貴方は私に『夜中まで、ご苦労様でした。娘さんまで手伝わせしまってゴメンナサイネ〜、私や代表は、猫を飼ったことがないから、猫ことは久々江さんに任せるネ。』と労いの言葉は嘘だったんですネ。

 勝手に5〜6匹フリーにしてました。と文章にありましたが、「ゲージの数が足りないのでAグループの3匹をフリーにします」と連絡をしてますよネ。
 文章を訂正していただきたいです。

愛護団体エンジェルズの統括へ。2
 貴女の指示で、猫達を全部ゲージに入れた写真です。

10486374_534990656627040_6759486216331849747_n.jpg

1554580_534990679960371_2897005897487417974_n.jpg

10385471_534990713293701_6603891029890818659_n.jpg


愛護団体エンジェルズの統括へ。3
 貴女のFacebookの文章の中に。
 『彼女は、団体の方針に従わず解雇になり腹いせで、誹謗中傷を始めました。』とありますが、、、
 昨日の久々江 正長枝のタイムラインを読ん見てください。
 『嘘八百』でしょうか?
 愛護団体エンジェルズの滋賀シェルターであったことを投稿したのです。

 なぜ?貴女は腹いせ・誹謗中傷と受けとるのか?意味がわかりません。
 衰弱して亡くなった子達をスルー・無かった事にするのでしょうか?

 我が家は貴女の言っている通り猫の多頭飼いです。
 保護した子達がいます。
 我が家の子達に対して、世話をするのに『自信』と『責任』がなければ育てられません。


元スタッフのお嬢様が、林がスラスラと嘘を連発するのに呆れ、投稿
 嘘だらけもいいところ。
 今、パソコンにこの記事を打ち込み終えても、まだ腹立たしさが拭えません。冷静さを欠いた文章になってしまうと思いますが、ご了承ください。

 〜 「 」部分は、シェア記事から文章抜き出してます 〜

「彼女は約20匹の多頭飼育者であり、一緒にいたから可哀想といい、指示に従わずに5〜6匹をフリーにしていたのです。私は翌日、驚きました。なんで?なんでそんなことするの?と。実際お部屋は、下痢の便があちらこちら。」

 この文章を読んで、驚きました。滋賀シェルターに猫達が来た翌日や、その後数日は滋賀シェルターには居なかったのに、なぜこんな嘘が言えるのかが、分かりません。

  「 そのスタッフに問いました。「誰の便?」と。わかりません・・・と。
 ごはんも「この子はたべたかどうか分かりません」と。だからーーー言ってるでしょ!ちゃんと分けてって!!!」

 滋賀シェルターに猫達が来た翌日からは、ゲージ数が少なく、母に対して”グループごとにゲージに入れて”と指示があり、母と2人で、グループごとにゲージに入れ折り合いが悪ければグループ内の中で一緒に入る子を変えたりと試行錯誤しながら作業していました。翌日に5〜6匹がフリーに部屋を歩き回ってはいません。

 ご飯も一匹一匹に対してフードをあげて、このパウチを食べない子は、別のパウチをあげたりして、皆がフードを食べ始めたのを見届けてから、水も一匹一匹フードの横に置き、あげていました。衰弱している子も少しずつですが缶詰を美味しそうに、みんな食べていましたよ。

  「あなたの猫をあなたがどんな飼い方をしようが自由ですが、団体の猫を自分の家の子のように扱うのは、止めてくれと言いました。
 猫飼育にはかなりの自信がおありだったのでしょうが、家の子にワクチンをしていないと聞いたときは、驚きました。
 そのことについてもお話しましたが、外には出さないから・・・と。
 猫は外に出さなくても人間がはこんでくるんですよ。

 報告をきちんとして欲しいと言っても、自分の言うことだけ言って、報告がないことが多々ありました。そして、退職になりました。」
 あたかも、全頭ワクチンをしたことがないような言い方ですが、家の子は、避妊・去勢済みですし、期間が空いても例え1匹ずつでも順番にしています。

 そのことについてもお話しましたが、とありますけど、退職するとなったときのLINEのやりとりの時ですよね。話はしていないと思うのですが…。

 ”猫は外に出さなくても人間がはこんでくるんですよ。”
 そうですよね。だから保健所からレスキューしてきた子猫達のパルボウイルスが我が家の猫に感染したんですよね。家のかかりつけの病院に行き、体調が落ち着きはじめたころにパルボウイルスの恐ろしさについても説明していただきましたし、すぐ血液検査をして白血球の数値を上げる薬を投与しなければ、亡くなっていたかもしれないと言われました。本当に怖かったです。

 私も母も子猫達を預かる時に、パルボウイルスだとは知らなかったですし、パルボウイルスだと知ったのは預かり途中でした。最初からパルボウイルスだと分かっていたら、我が家では預からずに滋賀のシェルターでお世話をしていたはずですし、私からしたら何故最初に、下痢と分かっていた時点で調べなかったのかが、疑問です。
 母は団体の犬猫ということを分かっていましたし、何かあるごとに統括の林さんご本人にLINEで連絡や電話でお伺いを立てていましたよね。

  「犬には、全く愛情がなかったのです。まぁ、散歩に行く姿や触っている姿もほとんど見たこと無いですし…。」
 これには、本間に腹が立ちます。怒りがおさまりません。猫しかお世話しなかったとでも言いたいんですか?一緒に作業してらっしゃった事はお忘れなんでしょうか?
 触っている姿を見た事がない?嘘を言うのも限度があると思うのですが!それこそ、そちら側が、母に謝れと言ったのと同じです。謝っていただきたいです。

 エンジェルズホームページの犬の里親募集ページのイチゴちゃん。母が抱っこしていますけど、どうなんでしょうか?
 右手小指を骨折しても、ぴー助たちとも散歩にも行ってます。岐阜猫達が来てからは、私が仕事休みの日は、朝に一緒にシェルターに行き、みんな生きているか元気か確認し、猫達のゲージと敷物の汚れ確認・部屋の換気・糞尿の確認・猫砂のそうじ・食器洗い・ご飯やりをしてから犬の作業を出勤の日は必ずしていましたよ。

 犬達が使っている敷物の洗濯、子犬達をゲージから出してゲージの掃除の高圧洗浄機かけ、ご飯つくり、ご飯やり、うんち取り。これで犬に触っていないと言えることが不思議なんですが。
 ごめんなさい。本当に腹立たしいです。それこそなんで、こんな嘘がさらりと書けるのかが。

  「まぁ、散歩に行く姿や触っている姿もほとんど見たこと無いですし…。」
 本間に腹立たしい。母が勤めていた期間で母と連日作業されたことがあるんでしょうか?と問いたいです。休みの日、休みを頂いてた日以外は、月曜〜金曜まで勤めていましたよね。その期間で見たこと無いんやったらシェルターにいらっしゃったんでしょうか?
 愛情が全く無かった。というのは失礼極まりないと思うのですが。どうなんでしょうか?
 そして、私達が訴えている衰弱死した猫達については何も触れないんですね。悲しいです。

 朝から長々とした文章で申し訳ありませんでした。また、気分を害された方もいらしたら申し訳ありません。
 ただ、嘘を並べられて黙って見過ごしてられません。m(_ _)m



林 加津子 '14/6/27 0:42
 私がフェイスブックを立ち上げたのは、沢山の方に保護犬・保護猫などを知って頂き、里親の輪が広がるために立ち上げました。
 ここ数日、事実を知らない心無い人間に誹謗中傷を受けております。
 そんな人間の相手をしているなら、一頭の犬の散歩・にゃんこと遊んであげてる方が良いと、スルーしておりましたが、実際に犬猫たちに支障が出始めました。
 これは、私の責任に於いて、説明をしなくては・・・と、今パソコンの前に座りました。

 まず、誹謗中傷を流し始めたのは、元スタッフ(3ヶ月勤務のパート)です。
 彼女は、団体の方針に従わず解雇になり腹いせで、誹謗中傷を始めました。
 方針というのは、丁度その時期、岐阜レスキューに着手し、犬猫50匹ほどがレスキューされました。
  団体は、レスキュー後、個体識別を行い一頭ずつ管理するのが決まりです。。
 それは、便の様子を見たり、ご飯もどれくらい食べているかを把握するためです。
 もちろん、そのことをそのスタッフにも指示を出しています。
 しかし、彼女は約20匹の多頭飼育者であり、一緒にいたから可哀想と言い、指示に従わず5~6匹をフリーにしていたのです。

 私は、翌日驚きました。なんで?なんでそんなことするの?と、。
  実際お部屋は、下痢の便があちこち。
 そのスタッフに問いました。「誰の便?」と。わかりません・・・と。
 ごはんも「この子は食べたかどうかわかりません」と。
 だからーーー言ってるでしょ!ちゃんと分けてって!!
 わかりました。と言ってもまた同じようにフリーにしました。
 血液検査でエイズ陽性の子も一頭いたので、絶対一緒にしないでと、頼んでいましたが「仲が良いので大丈夫ですーーー」と。

 多頭飼いの自信?
 ここは、団体でこの子達は一般のご家庭に迎えて頂く子達です。
 あなたの猫をあなたがどんな飼い方をしようが自由ですが、団体の猫を自分の家の子のように扱うのは、止めてくれと言いました。
 猫飼育にかなりの自信がおありだったのでしょうが、家の子にワクチンをしていないと聞いたときは、驚きました!!
 その事についてもお話しましたが、外に出さないから・・・と。
 猫は外に出なくても人間がはこんでくるんですよ。
 報告をきちんとして欲しいと言っても、自分の言うことだけ言って、報告が無いことが多々ありました。
 そして、退職になりました。

 その方、言ってはりました。
  「猫のレスキューでは頑張るけど、犬だったら来なかったですよ」って。
 エンジェルズは犬猫両方保護しています。
 犬には、全く愛情が無かったのです。
 まぁ、散歩に行く姿や犬を触っている姿もほとんど見たこと無いですし・・・。

 この方は、今何がしたいかわかりません。
 ただ、ネット社会で誹謗中傷を続けられ、幸せ切符の邪魔をする以上、私は黙ってはいません。
 後方でご支援して下さって皆様からご支援頂き、この方もお給料を頂いていた訳です。
 それは、保護されている犬猫達をどうか支え守ってあげて欲しいと思うお気持ちだからだと思います。

 相手にしなければ、そのうち・・・と黙っていようとも思いましたが、法的に処理します。
 何があっても今いる犬猫約200頭と、そして救出を待っている子達の為にも、こう言う輩は許すことが出来ません。

*ご心配おかけしております皆様、ごめんなさい。明日も頑張ります。



 元スタッフは、林加津子の現実否認、捏造する誹謗中傷、虚偽に怒りながらも、あくまで通常のコミュニケーションを試みます。6/29、加津子に宛ての記事を掲載。川端というのは加津子の旧姓で、NPO法人格を取得した時は旧姓で登録しています。

動物愛護団体エンジェルズ。
統括『川端 加津子 様』へ。


 6月27日・金曜日・0時42分にFacebookに投稿された文章に対して。 訂正して頂けたら幸いです。
 それから、現在エンジェルズに勤めているスタッフさん達に『久々江さんと連絡を取ったら辞めてもらいます。』と言うのは、どうか、どうか、やめてあげてください。m(_ _)m。
 スタッフさんが可哀想ですm(_ _)m。

 貴女のFacebookの文章を読んで、ボランティアさんから
 『久々江さん、大丈夫ですか?ボラの際は、お世話になりました。僕が言うのも変ですが、久々江さん一生懸命に犬の世話をしてましたよ〜。犬達をゲージから出す時には服にウンチがつくのでと言って、エンジェルズのジャンパーを出してきてくれたり、マスク・手袋などを渡してくれたり、散歩も行ってましたよ〜。逆に僕がボラに行った時は代表・統括はシェルターにいませんでしたよ〜。なんで?あんなことを書くのか不思議でよ〜。』と心配して連絡が来ました。

 それから、5月25日の滋賀・シェルターチームのLINEでのやり取り。貴女と私の間でのLINEのやり取り。
 6月26日の愛護団体エンジェルズ代表・統括・獣医にと投稿したコメント。
 もう一度、お手数ですが、見て読んで頂けませんでしょうか?

 腹いせ、誹謗中傷ではないと思います。

 写真はエンジェルズから預かり自宅育てた仔猫達です。覚えてますよネ。
 昼間はシェルターの犬・猫達の作業。
 夜・夜中・朝方は仔猫達の授乳。

 貴女のFacebookの文章に、この事も付け加えて頂けたら幸いです。

10329087_536435803149192_7408337409531061696_n.jpg10455840_536435786482527_2656439039576970645_n.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR