【拡散希望 元有償スタッフの証言】ブラック企業「NPO法人 動物愛護団体エンジェルズ」

 エンジェルズの活動は、ネット上の「虚偽と隠蔽、捏造と誹謗中傷」の欺もう工作を柱としています。
 事実関係を指摘されると、毎回、違法、脱法的な「恫喝、嫌がらせ」で言論封殺にかかる。
 広島DP以来、繰り返し見てきました。
 元スタッフに、昨日川端加津子から、今日林俊彦から一方的な要求と恫喝の連絡があったそうです。
 林、川端、その手がいつまでも効くと思うなよ!元スタッフさんだけを相手にしてる訳じゃないぞ!

 悔い改められた罪は許されるべきだと私は思うが、改悛なく嘘に嘘を塗り重ねていく人間に容赦はいらない。皆さん最初は性善説で、林俊彦や川端加津子に対しても、通常の信頼関係に準じた接し方をしてきた筈です。
 それを裏切り、嘲り、社会規範や信義則や人間同士の信頼感を踏みにじってきたのは、林、川端の両名です。彼等はどこに行っても毎回同じ事を繰り返し、その言動によって、悪評を不動のものにした実績がある。
 表社会の仏の顔も3度までだ。林は複数の前科のある詐欺師、事件屋だし、加津子もそういう世界で生きてきた。親が劣悪な繁殖業者だったと聞くが、おい川端どうなんだ?まともな市民社会に居場所を見つけたことなんか無いんだろう?

 反社勢力によって動物愛護の市民活動が荒らされていく現状を、これ以上放置しておく訳にはいきません。東北大震災における被災動物救護活動の現場で、民間保護活動の無法振りが広範に周知され、改正法に第二種動物取扱業が規定され届出制になった。動物保護活動の法規制は始まったばかりです。無法地帯から脱却し、社会化された活動に育つよう心がけて下さい。一部の人達のせいで動物愛護活動は社会の信頼を失っています。 「ろくでなしばかりだ」と何回も聞きました。お話を伺っていて、話の途中で「仲市さんは普通の人だ!」という評価も何度も聞きました。
 「普通の人」ーこれ、最大の誉め言葉なんですよね!(涙・・) それだけ、保護活動は反社会的勢力や精神遅滞等の人々によって荒らされているという事実です!保護活動の社会化、適正化は、次回法改正に向け、今現在の大きな課題です。

 ()内は私のコメントです。


2014/6/30 
愛護団体エンジェルズの統括・川端 加津子 様からLINEがありました。

  『あなたのフェイスブックブロックされているのか?あなたの投稿見れません。
 私宛の記事なら「」繋がってるならそれで、言えますが。意図はそうではないんですかね?
 私のフェイスブックで、お返事しろと言う事ですか?でもね私は犬猫の為に立ち上げたものですので、こういった馬鹿馬鹿しい事には、もぅ書きたく無いんですよー!あなたの周りの方、なんか2ちゃんねるの方ばかりみたいで、お話にならなくないですか』

 (加津子が言いたいのは「メールもしくは、LINE」、つまり非公開の1対1の閉鎖したやりとりを望み、公開のやりとりは避けたいという事です。第三者の審判を排除する意図です。加津子にとって双方向性のやりとりは「馬鹿馬鹿しい事」だと言っています。「2チャンネルの方ばかりのお話にならない人達」というのは、心理学でいう”転移”の操作です。)

 この文章に対して返事は、まだ返していません。どういったお返事をすればいいのか…言葉が出て来ません…。
 Facebook上では統括とは友達ではありません。しかし、今迄に私がFacebookに投稿した文章に対して、ご自分のFacebookのページで、嘘の投稿をしているのに、私の投稿が見れないって言っているのは不思議に思います。
  馬鹿馬鹿しいこと。と言っていることも。
 あなたの周りの方、なんか2ちゃんねるの方ばかりみたいで。と言っていることも。

(加津子は人並みなコミュニケーション能力がありません。誰しも言葉を失いますね 笑い。無論、加津子が元スタッフさんのFBが見れないというのは嘘です。加津子は平気で嘘を言います。何か起きると嘘で対処してきた。元スタッフさんの告発に、彼女がデマを発信するような人ではないと知っている知人友人や、エンジェルズが今まで起こしてきた事件を知っている人達が、FB上で集まってきています。2チャンネルではないですね 笑い。シェアしたりコメントを入れています。)

 もぅ…言葉が出てきません。
 なぜ、シールや仔猫達の事を無視できるのでしょうか。
  私が疑問に思って訴えていることに対して、あちらの投稿や連絡…。
 完全に論点から、ずれていると思うんです。 無かったことには出来ないんです。それだけです。

 この子は、延命はしません。と言われた子です。
 (子猫の画像は省略しました。)
 私が、ずっと訴え続けていることは、この子達の事です。どうか、どうか、真剣に、向き合っていただきたいですm(_ _)m

 (人間が変わらない限り、エンジェルズが問題に向き合うことは永遠にありません。命より金です。そう正直に白状してしまえば、シノギの愛護ビジネスの商売あがったりです。エンジェルズは故意犯ですから、ビジネスの正体は隠して隠して、隠し通したい。元スタッフさんは、話が噛み合わない展開に呆然としています。)



2014. 07. 01 09:21:23
NPO法人 動物愛護団体「エンジェルズ」の活動日誌
今日この頃・・・
 (前略)

 ( 岐阜レスキュー(多頭飼育崩壊)の猫に適切な治療を施さず、致死に至らしめるまで放置した事実が表面化したため、加津子は猫に対する愛情物語を作文なさいましたです。これも毎回、同じパターン。嘘の上塗りで現実逃避。ネットに逃げ込む。この行動パターンは病気です。)

 さてさて、先日記事にしました元スタッフのパートさんの件ですが・・・。色々、ご本人がお騒ぎになっているようですが、相手にする時間がないので、言いたい放題!!
 本人がシェルターでの作業の忙しさをよく知っているはずですのに、残念です。
 スタッフもボランティアさんも心痛めておりますが、みんな元気にワンと散歩に出かけています。
 今のエンジェルズチームは、新人さんも入って一丸となっていて、とてもいい雰囲気で作業に没頭しております。
 私達は、今目の前にいるワンニャンのために、時間を使います。そして、待っている子達のために、頑張ります。

(つまり、そんな都合の悪いご質問には答えられませんと、加津子は言っている。加津子と林は、寄付金とボラさんの働きに寄生して生きていますから、暇はありますよ。昔から嘘ブログを綴っては、事実を摘示され、虚偽がばれる都度、告訴だ~、本人や家族、知人の職場や関係機関に誹謗中傷を繰り返したり、捏造した誹謗中傷をネット上に書き立てる事しかしないヤクザな連中です。)

 元パートタイマーさんも、ネットの前で釘付けになっていないで、お仕事を探されて、前に進まれることを願います。
 もう、こちらとしては、相手にせずに無視しますが、執拗に嫌がらせをしてくるのなら、法的対応をとります。困るのは、辞めさせられたパートさんです。何処に行っても同じような事で仕事を失ってきたのでしょうね。腹が立つ事よりも、哀れな・・・可哀想な人・・・です。

(加津子が書いてる人物像は、加津子本人です。
 広島DPレスキューの時、パソコンに貼り付いて、現場はボラさん任せだった。物資に同封されてるお金だけ回収に回って来てた。変わらない。ボラさんの願いを退けて、獣医に診せず、殺していったのも変わらない。ロイヤルカナンしか食べさせないで、”猫元気”等は最終的に廃棄処分にしてるそうです。寄付金乞食の社会の寄生虫は生産的な働きをしないから、物を無駄にするのは平気らしい。
 加津子は生まれ育った環境が普通じゃないから、確かに普通に成長する機会が与えられなかった部分は哀れではあります。典型的な世代間の負の連鎖。加津子は子供がいないらしいので、負の連鎖が続くより、その点は良かったんじゃないですか?)


 室内飼い猫16匹?外猫にも餌あげしているとおっしゃっていましたパートさんです。
 エンジェルズ叩きしている時間があるのら、どうかどうか一匹一匹に向き合って、愛情をかけてあげてください。
 寂しがってますよ~。はっ!イヤミっぽかったでしょうか(^_^;)
 滋賀県は10匹以上の犬猫を飼育する場合、多頭飼育の届出が義務付けされています。ご存知かな?

(ご存知ありませんでしたよー 笑い。もっと、早くに教えてあげるべきでしたね。転勤族で、多頭飼育でも、エンジェルズと違い周囲とトラブルも起こしていないから、誰も問題にしなかったんでしょ。
 私は知っていましたよ。滋賀県の多頭飼育条例はエンジェルズの高島進出が契機となって、誕生した条例よー 笑い。高島市全市をあげる住民のエンジェルズ反対運動が起こったの、加津子さん覚えてるよねー。今も期成同盟の立看、エンジェルズの入り口前に立ってるでしょ?
 「イヤミっぽかったでしょうか」ぜ~んぜ~ん、嫌がらせのつもりが当てがはずれたねー。他人が見る加津子イメージを、相手方に投げ返してみせるのを”転移”というのよー。あんた、ほとんどが転移に頼ってるね。カウンセリング受けたほうがいいわね。


 新人さんが面接で本日は東京からいらしています。
 エンジェルズ、若い子ばっかりになりました~。平均年齢を上げるのは、代表と私・・・・(^_^;)
 さぁ~今日も全頭散歩目指して頑張ります!!行ってきます!!



2014/7/1
愛護団体エンジェルズの代表・林俊彦 氏から。

 『久々江さん、未だに投稿していますので、勤め人が内部の事情、画像を承諾なしで公開していることで告発することにしましたので、今から1日以内に謝罪と削除をしなければ二日後に告訴しますので!』。と、6月29日にFacebookのメッセンジャーからコメントが入っていました。

 (ほぉー、やってみろ、林。2日後を楽しみにしていましょう!お前、私を訴えるといってたのはどうした?忘れたか?私は覚えてるよ、私とも決着つけような。)

 林 俊彦 様。
 5月25日の滋賀シェルター・チームのLINEでのやり取り。貴方と私の間でのLINEのやり取り。
 6月26日の愛護団体エンジェルズ代表・統括・獣医にと投稿したコメント。
 もう一度、お手数ですが、見て読んで頂けませんでしょうか?
 腹いせ、誹謗中傷ではないと思います。

 それから、5月上旬に関東から、24匹の猫達を連れて住み込みで働いているスタッフさんが気になります。
 エンジェルズを辞めてから連絡を取り合っている時に。代表・統括から『久々江さんと連絡を取り合っていたら辞めて出て行ってもらいます。』と言われたと聞いてましたので心配です。
 私と連絡を取り合っているから辞めさせるのは法律的には通るのでしょうか?

 (無論、通りませんね。林はアークに入り込んだ時、オリバーさんに近隣住民とトラブル従業員の問題解決を依頼され、暴力的に出て、オリバーさんは逆にその従業員から訴えられました!そしてオリバーさんは敗訴したんだか、示談で話をつけたんだか、結末は知りませんが。オリバーさんも最初は林がヤクザだとは知らないで関わりを持ってしまったのです。)

 私に対して脅したりするのは平気ですが、頑張ってシェルターで働いているスタッフさんには優しくしてあげてください。
 そして何度も書きますが、シール達のことについて、ご説明頂ければ幸いです。どうか、よろしくお願いしますm(_ _)m

 (24匹も猫を抱えていては、そのスタッフさん、林達の言いなりにならざるを得ないでしょうね。究極の”行き場の無い人”らしい。ヤクザな連中は、そういう人を支配下におき、搾取の限りを尽くす。)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: わんこのみかた様へ

『保護したわんこやにゃんこがもう助かる見込みが無いとと分かったら延命はしません。』

>延命治療をする、しないが問題となる事はありません。専門家も社会も、動物愛護活動家も、延命治療の是非で大きな論争にはなりません。

 エンジェルズの場合は、「延命治療放棄」ではなく「治療放棄」なのです。
 動物愛護法違反です。
 病気も自然治癒する事もあれば、どんどん悪化して死に至る場合もある。
 エンジェルズは感染予防もせず、病気に罹患したものは自然淘汰に任せています。
 「淘汰」という表現をしています。死ぬ奴は死ね、経費のかかる獣医療の助けは出さんという事ですよ。
 そのくせ、ネットでは治療費名目で募金公募している。詐欺ですね。

 あなたが列挙した事実、それだけ揃えば『エンジェルズはそんなに悪い団体ではありません。』とは言えないでしょう。

 『でも、私を含めてスッタフは毎日、必死に作業をしています。そこにわんこがいるんですもの。』
 たいていどこの劣悪事業所でも、スタッフやボラさんはちゃんと仕事をしています。遊び半分の変なボラさんもいますが、有償スタッフはそれだと居られないでしょう。
 NPO法人事業所のガバナンスが問題になっているのであって、スタッフさんの勤務評定をしているのではありませんよ(笑い)。

No title

ちっち様
エンジェルズはそんなに悪い団体ではありません。
しかし、保護したわんこやにゃんこがもう助かる見込みが無いとと分かったら延命はしません。
これは事実です。支援者さんから毎日の様にフードが届きます。
そのフードがミッキーに食べられている。これも事実です。
代表と統括が現在シェルターに住んでいない。これも事実です。
ボランティアさんをこき使っている。これも事実です。
スタッフに動物の世話、ケアの知識が無い。これも事実です。
120頭ちかくのわんこがいるのにも関わらずまだ保護しようとしている
これも事実です。
スッタフの人数が少なくてブッラク企業化している。これも事実です。
労働基準法に違反している。これも事実です。
川の水を洗濯に使用している。これも事実です。
でも、私を含めてスッタフは毎日、必死に作業をしています。
そこにわんこがいるんですもの。

Re: 動物愛護活動とは何?

 鍵コメ様、コメント有難うございます。

 一点だけ、お考え違いを指摘します。
 エンジェルズは「組織」ではありません。NPO法人格は外見だけです。
 実体のない宗教法人が問題になっていますが、それの動物愛護バージョンとお考え下さい。

 エンジェルズは大きな(組織)所帯ですらありません。
 仕入れ(レスキュー)はまとまった額の寄付金が見込めます。
 動物保護活動ビジネスの稼ぎは、「仕入れ」の頻度に比例します。
 林がやたら全国を徒に走り回っているのは、それが故です。
 それが如何にも事業を手広くやっているように見えたり、大きな組織力と見えるのなら、それは錯覚にすぎません。まともな団体は”飛び回り”ませんよ(笑い)。

 まともな保護団体

動物愛護活動とは何?

ドッグトレーナーの資格を取り、これから保護活動に加わり犬猫の為に役に立ちたいと考えてる矢先に、記述読みました。

私はかつて、外資系金融の最大手を渡り歩き、色々な社風を見てきました。
組織が大きいという意味では、畑は違えどエンジェルズさんも同じですね。

上層部は、現場の声より、金の亡者、自己防衛優先といった感じでしょうか?私も正義感から意見したことなどで、何度も苦い経験をしたので、この記事がまんざらウソではないと感じます。

しかし違うのは、エンジェルズさんは動物を守るための法人。命を守ろうとするものが、病気の動物を病院にも連れていかない、いただいた寄付(猫元気)を捨てるなど、あってはならないですね。NPO法人のトップがそれでは誰より犬猫が可哀想。

組織も大きくなると悪い奴が入り雑じるのが必須ですね(混じると言うより牛耳ってますね)。

参考になりました。私もこれから団体を探す時は、よく観察します。
スタッフの方は大変だと思いますが、なるべく寄生虫に左右されないよう、犬猫のために是非活動を頑張って下さい。

寄生虫のせいか、動物愛護が偏見の目で見られること多いですが、私は罪のない物言えぬ動物に手を差し伸べる皆さんを尊敬しています。
プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR