【全ての命を尊ぶ会・井上弥生】京都府&神戸市動物愛護管理センターの二次募集制度

 京都・神戸動物愛護団体崩壊レスキュー~殺処分ゼロの裏で~ が更新されました。

 自治体の二次募集制度は「不適正譲渡」そのものです。

 ・緊急報告
 『京都府動物愛護管理センターは多くの行政機関同様、収容された犬猫の譲渡を行っております。
 適性審査をし、再び一般家庭に適応できるかどうかの判断後、残念ながら審査に落ちた犬(年齢や病気、気質などの問題あり)は通常、殺処分となります。しかし近年は、このような殺処分対象の動物こそ救おうという動きがあり、
一部の行政機関では2次募集として、このような訳あり犬の譲渡を行っております。
 京都府動物愛護管理センターも、神戸市動物管理センターもそうです。』

 神戸市動物管理センターが不適正譲渡を始めてるというのは、驚きでした!
 ナナ・プロジェクトというブログが、神戸市センターバッシングを煽動した時期、井上もセンターに日参し、煽動に乗せられたオバカ達が「業務妨害」攻撃に出たらしい。松村さんと交流のある「ヤブキレン」もその一人。ヤブキ兄弟は堅物で、悪質な人ではないのですが、なに、下らんことやってんだよー!
 ヤブキ氏はときぶーさんに、「チッチさんは俺のこと、ボロクソに叩くんだぜ!」とおっしゃったそうですが、あんなの序の口よ、叩くとすればこれからだ!時間がなくてね、やってられないぜ。疲れる。お目めが調子悪い、眼科で検査してこなきゃ。

  ・緊急報告2 センターとの緊急協議


 鳥取県もおかしな愛誤達が行政に絡みに絡んでいった時期がありました。
 保健所職員は発狂寸前まで執拗に絡まれましたね。街のダニよろしく、黒幕は悪徳サラ金業者で、ああいう連中は手先となる、チョー低能+息吐く虚言、歩く妄想タイプをどこからか発掘してくる。こんな人、鳥取に居たのーというへ~んなのが登場してくるんよね。扇信販の朝倉は「おだてて動かすんやー」と、ある時、口を滑らした。実際、おだてに乗ってましたね、不良飼い主のそのおばさん、不妊去勢を教え込まれたのは良いが、おだてにのって俄か愛語活動家に早変わり、そこら中でトラブル起こしてくれました。
 最後は多頭飼育崩壊で、捨て猫して頭数削減なさいましたです。餌やりさんに不妊去勢させて、その餌場に持て余した猫を捨てに行くんだから、始末に悪い。裏社会が知的障害+精神遅滞の人を使うっての、あれ本当なんだと目の当たりにさせられました。愛語活動は社会の底辺に通ず。

 この一連の鳥取スキャンダル、またいつか詳述しましょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR