スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェルズは嘘がばれる都度、大騒ぎー実態を知るスタッフは敵ー

 悪質な愛護ビジネス団体「エンジェルズ」。
 主宰者の林俊彦も川端加津子も、堅気の仕事に就いたことがないと思われる。
 二人とも履歴書なんか書けないでしょう。嘘八百の履歴書なら幾らでも書くでしょうが、裏を取らない事が大前提でしょうね(笑い)。広島DP以前から、細々と犬屋をやっていたのは事実です。保護活動と称し、犬を仕入れてきて、引取りと譲渡に金銭を二重取り。譲渡はスイカの投売りで、希望者に取りに越させ、金さえ払えば渡していた。大阪のボラさん達の間では、悪質業者として認識されていたそうです。併行して、金になる裏家業は何でもやっていたらしい。似非ブランド販売で、詐欺で執行猶予付きの実刑判決を受けたのもこの時期です。生体販売、繁殖業とも無縁じゃない。要はしのぎの手段でしかない。

 嘘で塗り固めた稼業だから、実態を知る有償スタッフは敵(笑い)。エンジェルズは嘘が通ってなんぼの商売ですからね。エンジェルズ続報です。
 別のスタッフ・Hさんがまたまた、懲戒解雇に。ヤクザな本性剥き出しの恫喝です。暴力的に私物を外に放り出されそうになったスタッフ・Hさんは110番し、警察が間に入って、エンジェルズに接見禁止令が発動されました~!エンジェルズは嘘がばれるたび大騒ぎ。嘘ばかりついているから不安で不安定なんだ。嘘つくのやめりゃ、心は安定するで!
 
 エンジェルズ・林俊彦と川端加津子が、スタッフや協力者等とトラブルを起こすのは毎度のこと。
 「ひろしまドッグぱーく原告の会」公式サイト:エトセトラに収録されている資料を覚えていますか?平成21年9月10日付け、エンジェルズ・林俊彦から元住込みスタッフ宛に送られた内容証明文で始まる、一連のやりとりです。
staf1.png


 今回、立て続けにスタッフさん達に動物虐待を指摘され、エンジェルズは解雇で対応しましたが、管理下の動物が『病気や怪我をしているにもかかわらず、獣医師の治療を受けさせない。』動物取扱業者の行為は立派に虐待です。滋賀県に警察と連携をとってエンジェルズを指導して貰いましょう!

 エンジェルズの管理運営方針は「自然淘汰」です。金をかけず、くたばる奴はくたばれです。
 そのことに久々江さんもスタッフ・Hさんも驚き、意見し、FB上に発信した事が解雇の理由です。

 ・環境省通知(平成2 2 年2月5日)
 飼育改善指導が必要な例(虐待に該当する可能性、あるいは放置すれば虐待に該当する可能性があると考えられる例) について

 スタッフ・Hさんの情報発信はもう暫くお待ち下さい。



2014/7/5 9:47
元有償スタッフ・久々江さんのFB


 おはようございます
 昨日、大変な事が起きてしまいました(>_<)
 愛護団体エンジェルズの件です。

 5月から住み込みで勤務していたスタッフが『懲戒解雇』になりました。
 彼女は関東から24匹の猫を連れての住み込みスタッフで、6畳の部屋に24匹の猫達とギューギュー詰めて寝起きをしていました。何故?懲戒解雇ななったのか理由は、彼女自身のFacebookに投稿したコメントを見て愛護団体エンジェルズの代表・統括が激怒した様です
彼女がFacebookに投稿したコメントです。

 【あの人の『嘘つき』ぶりには、呆れてる。自分で『淘汰されればいいんだから、二度と仔犬に近づくな!』と、言ったくせに、今、電話で話したら『そんな事は 言ってない』の 一点張り。
 Facebookで 話題になってから、慌てて 此処シェルターに来て あちこち いじってるけど、以前は ほんの数える程しか 居着かなかった。6月9日夜、代表から『私物と団体の物の区別がつかないのなら即刻ここから出て行け!と怒鳴られた。なのに 自分達は、団体の犬を連れて歩き 林家の犬をシェルターに置きっぱなしで、スタッフに面倒を みさせているし、自分達が此処に来た時は林家の犬達の餌まで スタッフに作らせる。


 これで懲戒解雇って?私から見たら意地悪にしか思えません。
 スタッフが愚痴を言って激怒する前に、自分達の行いを改めて行くべきだと思います。

 彼女は仕事・住む場所を探さなければなりません。
 どなたか良いアドバイスを聞かせて下さい。
 ヨロシクお願いします。



2014/7/6
元有償スタッフ・久々江さんのFB


 こんにちはm(_ _)m 
 お友達の皆さん。 昨日は、愛護団体エンジェルズで懲戒解雇をされたスタッフさんの事で、沢山のアドバイス有り難うございました。現在、彼女と24匹の猫達は、二階の6畳部屋を追い出され、犬舎の向かい側にあるコンテナハウスに移動させられたと聞きました。

 不当な懲戒解雇になってしまい、行き場が無いのに『今すぐ出て行け‼️』『荷物を外に出すぞ‼️』って、余りにも酷いものの言い方です。1日、1000円を支払い、シェルターに12日の昼間まで留まる事ができるそうです。
 愛護団体エンジェルズの方針?
 なんだか、腹が立つ前に悲しくなります。

 彼女のFacebookの投稿は懲戒解雇になる様なコメントでは無いと思います。愛護団体エンジェルズのスタッフの皆さん・大阪ボランティアの皆さん。1人でもイイですから、彼女を守ってくれませんか?

 彼女の24匹の猫達には、何も罪はないです。あのコンテナに移動させられて、なんとも思いませんか? 酷いと思いませんか?『直ぐに辞め出て行け‼️』って言っている事、間違っていませんか?
 彼女と24匹の猫達がストレスにならないように援護していただけないでしょうか?
 ヨロシクお願いします。m(_ _)m



2014. 07. 06 10:23:56
ゴタゴタ・・・。

 もぅ、驚きますよ・・・。
 辞めたスタッフは、ちゃんとした会社にお勤めになった事がないのか?
 それか、辞めたくなかったのか?
 本当は,、こんな事を記事にしたくは無いのです。
 しかし、何故かこの件で心配された一般の方が、メールを下さいますので、現状をお知らせ致します。

 5月末に、団体から解雇になりました元パートタイマーKが、依然としてクビになった仕返しなのかネット上で嘘八百の情報を流しています。自分が数日でも勤めた所なので、現場は知っているはず。日々、時間がいくらあっても足りないくらいに、ワンコ達の散歩、にゃんこのお世話に尽くしております。

 約2ヶ月前に、猫多頭飼育のHさんが、求人の面接に来られました。期限付きで今の所を出ていかないといけないので、住込みで働かせて欲しいと・・・。猫の飼育している頭数は、24匹。私は無理だと言いました。
 そうしたら、「元の飼い主に戻すので16匹になる」と言われ、猫たちのことを考えて、特例で二部屋を用意しました。
 猫が路頭に迷ってしまうと思ったからです。まして、Hさんは保護猫とおっしゃったのです。私が大阪にいる時に、Hさんは来られました。それが16匹ではなく、なんと24匹を連れて・・・。
 話が違うやん!と思いましたが、滋賀に戻ってから話そうと思っておりました。
 お部屋にどのようににゃんこを管理しているのか見せて下さいと、言うと私室だからお断りしますと・・・。
 それは困ります。と、渋々部屋を開けると、純血種のロシアンブルーがワラワラ・・・。
 子猫も数匹居ました。繁殖じゃないですか!

 うちは愛護団体ですよ!ちょっとおかしくないですか?と、言うと「自分とこの猫なんだから何が悪いんですか?」と。当初は40匹いたようで、滋賀に来る前に、、元の飼い主に戻したと言いました。
 ブリーダー?????
 6畳あるかないかの部屋に、こんな頭数押し込んで可哀想と思わないんですか?と、言うと私の顔が見えてたらこの子達は幸せなんですよと。
 前もこんな感じだったので・・・と。この子達は疾患があるので、目が離せないのでとも言いました。
 しかし、休みの日は朝9時頃から夜の11時頃までほったらかしですよ!!
 後で聞いた話ですが、団体のスッタフに、猫への給水だけお願いしていたようです。
 24匹のにゃんこに猫砂トイレ2個。部屋を開けると凄い臭でした。

 そして、今回このHさんに辞めて頂くようになった理由は、団体の指示に従わない、事。
 *岐阜レスキューの数日後、保護した小型犬が出産しました。スタッフから連絡が入り、静かな所に母子ともに移動を指示しました。母犬は必死になって子供を守り、お腹に抱いていたそうです。
 そこに夜な夜なHさんが、現れ子犬の体重が5g減ったーーーと、母犬から子犬全てを奪って自分の部屋に連れ帰り、人工乳を与えたのです。勿論、団体はそのような事を指示はしていません。勝手に自己判断のみで行ってしまったのです。
 母犬は子犬のことが心配で心配で、落ち着きません。1時間以上して母犬に戻す子犬には、猫の匂いがいっぱいついています。母犬は不安で不安で・・・。子犬に人工乳を与えるので、子犬は眠り、母犬は抱くだけになりました。一生懸命お乳を吸っていたのに・・・・。授乳をすることにより母犬の母乳は日に日に出る量が多くなっていきます。お乳も濃くなっていきます。
 私はHさんに、言いました。「母犬が育児拒否していないので、何故、子犬を連れ出すの?」「体重が5g減ったなら、何故、報告してくれないの?」「その時点で獣医師に相談し指示を仰ぐのが、団体の決まりです!! なんでなんで勝手なことばかり自己判断でするのですか!」と。奪われた子犬を探し、母犬は鳴き続け、落ちつきませんでした。その翌日、子犬は亡くなりました。。。母犬に育児を任せておけば・・・母犬は一生懸命に世話をしていたのに・・・。亡くなってしまったことに、もう、責めることはしませんでした。
 ただ、今後、何かあれば、私達が不在の時は、必ず連絡をくれるように、お願いしました。しかし・・・その後もそれは実行されませんでした。何故?と、聞くと「誰かが報告してるとおもってたから・・・」と、言い訳します。誰かと言うのは、まだ19歳と20歳のスタッフです。Hさんは50歳過ぎの方です。あなたが報告するのは、当然でしょうと思うのですが・・・。

 そして、最後には、代表や私の指示する事を何で聞かないとダメなんだ!!と、言われたことでした。この方に動物愛護のスキルがどこまであるのかは知りません。しかし、運営してる団体の代表の言うことを聞けないなら、ここで仕事する事はないでしょう。これは、どこの会社に勤めても、同じことです。上司の指示に従わない社員を雇用することなんてできません・・・。

 昨日、先に解雇になったスタッフKがスタッフHさんの事についてネットで記事にしました。不当解雇でHさんと猫が路頭に迷っているので・・・と。Kの記事だけ見ると、ネットを見ている方は、心配しますよ~~~。
 辞めて頂きましたが、私達も猫が心配で、退去するまでの猶予を与えています。ご自身が最初におっしゃった、期限で、です。辞めた日より1週間で退去する。部屋を汚した、破損した事は弁償する。辞めたあと、団体を批判したり情報を漏洩したりしない等の服務規程があるが、これにも違反しな旨など、誓約書を作りましたが、サインを拒否しました。
 その後、直ぐにでも退去しなさいと代表が言うと、ここに居る権利がある、と警察へ110番・・・駆けつけたお巡りさんが事情聴収・・・横で話を聞くと、以前から警察署へ出向き相談をしていたらしい。。。ハローワークにも、労働基準局にも、行っているらしい・・・
 どうも、シェルターに居座る目的らしい。辞めたくないとも・・・。
 暴力事件でも起きたかのように通報したのだろうか、刑事課の刑事さんも、来た。

 こちらの事情を話すと、警官も直ぐに理解を示して、こちらが提示していた誓約書に署名押印して、Hさんに和解を勧め
速やかに退去するように、諭してくれました。
 110番通報されて、なんで・・・と、思いましたが、結果、当初の約束通りの期日に、Hさんが出ていくことに応じてくれたので、ホッとしたものでした。
 こういった人が世の中には、いるもんだ・・・と、つくづく、怖いものですね・・・。
 今居るスタッフたちは、一生懸命ワンニャンの事を考え動いています。
 仲間同士楽しく仕事が出来るように、早く解決したいです。


 林俊彦に脅され、Hさんが警察に相談したのが7/5の昼頃。
 その後、川端がHさんの私物に手をかけたので、Hさんは110番
 生活安全課ではなく、刑事課から刑事が来て、2時間ほど立ち会ってくれたそうです。
 今までどんだけ問題起こしてきたことか!当然、林、川端のコンビは警察にマークされておりますよ。

 解雇通告後、エンジェルズはHさんに”エンジェルズに不利なことは口外しない”旨の契約書にサインを強要していますが、これは無効です。裁判所も認めません。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チッチ

Author:チッチ
連絡先:℡:090-8609-3689(仲市) mail:anti_nuclear2011311@yahoo.co.jp
 *@を小文字に直してお使い下さい。
 
現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。